読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAKO☆PACK+(SINCE1978)♪今はしなもんに夢中♪

『しなもん』ことHKT48の下野由貴ちゃん大好きブログ。劇場公演のレポートを中心に綴っています♪

『ヲタ』にとって生涯で一番幸せな公演《100MVP入場》②

『ヲタ』にとって生涯で一番幸せな公演《100MVP入場》② - 2015/04/02 シアターの女神公演 下野由貴生誕祭@HKT48劇場 -

 
MVP権利行使日は権利をもらう前から決めてました。しなもん生誕で使う!と。
 
《100MVP 行使》
 
待ちに待った4月上旬のスケジュール発表。4/1はマンモス公演、4/2しなもん誕生日が女神公演!当日生誕来るのか!
しかし、明治座の稽古やら選抜仕事やらで、3月誕生日のみなぞう、さくちゃん生誕が延び延びになってる上、前日4/1が誕生日のしのちゃん生誕も控えている。
一体しなもんの生誕祭はいつになるのか?
ざわざわやきもきした結果、4/2の当日に生誕祭が実施されることが発表されたのが、3/27(金)夜。その日から3日間握手会で劇場は休館日。
翌土曜日は劇場ロビー開放日ということで、申込の電話かけたものの営業時間外で留守番電話。ま、まずい。
期限の4日前は今日なのに、申込が間に合わないじゃん。
ぴ~んち。
まぁ、月曜日に電話しても大丈夫だとは思ったものの、なんだか心配なので直接劇場に行くことにした。
 
スタッフさんに声をかけると、担当のしのぶさん似(体型)のスタッフさんが現れて、手続き開始。
といっても、4/2のしなもん生誕に入ります。写真も当日撮りたいです。って伝えるだけ。
4/2は研究生総動員でも足りずチームHからの助っ人も2人きて、なおかつ1期生はまいこむだけというある意味イレギュラーなKIV公演。
でももう一人の推しのゆうたんはもちろん、おかぱんも、エミリ~もいるし、何よりMVPで入った日の写真が欲しいよねってことで、当日撮影を希望した次第。
あとは、プレゼントされるTシャツのサイズ(S~XL)と、サインするメンバーは下野さんでいいですよねと聞かれて手続き終了。
予約番号が発番されるわけでもなく、チケット的なものをもらうわけでもない、全くのアナログ管理。
当日は17:45くらいまでに来て、スタッフさんに声をかけてねと、なんともアバウト。
普段のチケセンに慣れてる身には、なんとも大丈夫かと思うほどのあっけなさで、心もとないことおびただしい。
 
生誕祭に入れることは決まった。
公演入場において一番の問題、と言うか決めなくっちゃいけないのは、どこに座るか、ってこと。
なにせ、再優先入場。好きな席に座れる。抽選なんか関係ない。選び放題。よりどりみどろあおみどろ。
 
しなもんを堪能できる席はどこなのか。
選択肢はほぼ2つ。最前センター角の、下手側A-09にするか、上手側A-10にするか。
でべそ前E列という選択肢もあるのだけれど、”初恋よこんにちは”ででべそに出てきて回る可能性は少ないと見てるので、却下。
(指定席との関係でE列センターに座れるかどうかは分からないけど、言えば多分座らせてもらえると思う。)
あえて立ち見最前陣取るとか、ネタとしては最高に面白いが、そんなネタのために生涯一度の権利を行使するとか狂気の沙汰!
上手か下手か。
 
”シアターの女神公演”でのしなもんの全体ポジションは、初日から担当している自ポジと、しげちゃんアンダーで入ったしげポジの2ポジ。
最近はしげポジのことが多い上、しげちゃんもしげポジアンダーのらいらも不在。同じくしげポジが出来るまいちゃんもいるが回数は少ない。
ここはしげポジと予想。
しげポジだと、センターを中心にまんべんなく見られるので、どっちでもいい微妙なポジ。
しかし、一番考えるべきはユニットですよ!
下野推しの願いは一つ、バロローム!”夜風の仕業”をやってくれること。
そして、”夜風の仕業”では歌い出しからしばらくは、センターにたたずんで上手方向を向いて歌う。まさにA-10あたりを向いて。
 
決定。A-10
 
③に続く