MAKO☆PACK+(SINCE1978)♪ずっとしなもんに夢中♪

『しなもん』ことHKT48の下野由貴ちゃん激推しブログ(のはず)。劇場公演のレポートを中心に綴っています♪

2015/05/13 パジャマドライブ公演@HKT48劇場

一般キャン待ち70番台、久しぶりのまどか様のパジャドラ降臨、前日の事前繰り上げ30番。

ということであまり期待せずにキャンセル列に並んだら、あれよあれよという間に入場。
結局キャン待ち105番くらいまで入場できた模様。まぁもったいないこと。
何はともあれ、入場できたからにはこっちのもの。
抽選巡も1桁後半で、下手前ボックスに。
 
葉月の影アナ。若干自信なさげ。もう少し元気だそうか!ステージではあんなに元気なのにね。
 
なおちゃんが1分間スピーチ。暗記してる古典文学をただひたすらそらんじるという、
かつ、その文学もメジャーではないよくわからないやつ(最近の学生さんならわかるのかな)という、客席を1キロは置いてけぼりw
案の定、客席はぽか~~ん、だったけどもう少しで1分というところで、ど忘れしたのか詰まってしまい、
同じ箇所をリピートするという失態で客席大爆笑。緊張と緩和?
この笑いを狙って取りに行ったのなら、なおちゃんすごいし、
たまたま偶然忘れちゃったんだとしても、なんか持ってるよね、なおちゃん。
 
公演は相変わらずのしもの一座状態。
今日のテーマは3期生育成だったのか、全体的に3期生にウェイトを置いた形になってたかな。
MCはもちろんだけど、ユニットの構成も。
 
天使のしっぽ』センター:みく、みるん、なおちゃん
みくがキビキビはきはきしっかりとしてた。
みるんはその真逆で、はかなげな風情で、ゆらゆらと。 
で、なおちゃんの貫禄w
 

パジャマドライブ』センター:まお、葉月、ゆかちゃん

この曲ほどセンターのパフォーマンスでイメージの変わる楽曲もないと思った。
両脇の二人は比較的小型でハイパフォーマンスなライトウェイトスポーツ的なドライブになるかなと思いきや、
まおちゃんがセンターでやってると、楽しく夜景を見に行ってるツーリング感に包まれる不思議。
汗よりもコロン的な。わかんないけど。
 
『純情主義』センター:さえ、なおぽん、とみよし
これまた優雅な純情主義。綺麗でスマート。なおぽんはもちろんとみよしも70回こなしてるから遜色なし。
こちらも汗よりシャネル的な。ますますわからんけど。
 
まどもんてもでも、きたぁぁぁぁぁぁぁぁ!
なんと去年の6/2以来、6回目!!
そして、わたしがまどもんのてもでもを見るのは2回目!!
ちなみに、い~ちゃんとも1回やってるね。
いや、緊張感というか、温度が下がる感じがするね。リ~ぬとは全く違う感じ。
とはいえ、8割がたしなもんしか見てないわけでw
ぐぐたすで、てもでもは相方によってちょっと変えてるところがあると書いていた。
具体的に把握出来てるわけではないけど、そのせいかもしれない。
 
『鏡の中ジャンヌ・ダルク』センター:はるたん、じ~な、らいら、えれたん、えみり~
はるたん、相変わらずの全開。でもね、下手でのキックはおかぱんのほうが迫力があって好き。
えみり~、かわいい。ひたすらかわいい。
 
その後、命の使いみちで目の前でまどかとみくりんがペアで。
はっとするほどみくりんが良かった。まどかに負けないほどの表現力。
背がちっちゃいのが今のところ最大の欠点かも。
その分顔もちっちゃいけど。
 
みくりんは後半のMCでも司会やってて、ハキハキしてるのはなによりいいよね。
なんとかちゃんと話題を繋いで司会の役割は及第点。
しなもんが端からガヤでMCをもり立てる役に徹してたのも見逃せないポイント。
明らかにみくりんのサポート役に徹しようと言う意識が溢れんばかり。
でも、うるさい口出すな、とか思われるのかな。しなもんが気に入らない方面から見ると。
 
前回心配してたとみよしだけど、今日のところはそれほど悪くはなかった。
ダンスも表情も、1週間前とは大違いだったけど。
いい悪いの波がはげしいのは、やっぱ不安要素ではある。気持ちの弱さなのか、コンディショニングが下手なのか。
 
今月の曲『君のことが好きやけん』も堪能して終演。
 
それにしても、しなもんポニテは、何よりもごちそう。