読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAKO☆PACK+(SINCE1978)♪今はしなもんに夢中♪

『しなもん』ことHKT48の下野由貴ちゃん大好きブログ。劇場公演のレポートを中心に綴っています♪

ぽんこつまつりお馴染みさん再びw 2015/07/22 最終ベルが鳴る公演@HKT48劇場

前日(21日)の女神公演に引き続き当選。ていうか、最初にこちらのモバイル当選が届いた翌日に、21日の一般キャン待ちがきたという順番なんだけど。

6月のKIVお馴染みさん公演に引き続き連続当選。確かに劇場公演は超お馴染みさんではあるが、最終ベルが鳴る公演は過去3回しか入ってないから、新チームHとは比較的お馴染みではないと思うが、当ててくれたからには入ります。
平日なので18時ギリで発券入場。今日もアンケートは書けずじまい。
 
昨日はビンゴ良くなかったから今日は行ける!と根拠の無い自信を持ってたところ、見事7巡!
同伴で入るヲタともが穴井キャッポ推しなので、迷わず穴井キャッポが多く来ると言われる下手側ボックス席へ。
座席には前回に引き続き、100均手作り感満載のABC札が用意されていた。またやるんか~いw
 
オーバチュアから開演。
やっぱり、最終ベル公演はコールが入れづらい。
お馴染みさん公演ということで、コールができないお客さんが多いわけではないのだが、コールは全体的に薄め(当社女神比)。
というか、コールしたくてもタイミングが掴めない感じがする。
というのも、いいとこで先導でコールすれば、2コール目からは比較的厚いコールになることがあったので。
他の公演はネットで調べれば標準的なコールが見つけられるものだけど、こと最終ベル公演に関してはその情報が見つけられない。
思うに、この公演の性格からして、コールで客席一体となって盛り上がるというよりも、ストイックに公演を一緒に感じてほしいというコンセプトだったんじゃないのかなと。
そのコンセプトを壊さないように、お決まりのメンバーコールは少なめになってて、でも盛り上がりたかった当時のヲタから”キャパキャパ…”という変則変態コールが自然発生的に生まれたのかな?とか、わかんないけど。
残念ながら、オリジナルのチームKでの公演を見たことがないので、もともとどんな雰囲気だったかわわからないのだが、もしそうだとしたら、今のチームHのパフォーマンスというか公演の仕上げ方のベクトルはちょっと違うのではないかと思う。
(詳しく書きたいけど、色々と長く厳しく爆弾だらけになりそうなので、自粛)
とすると、チームHがやるべき公演はどちらかというとポピュラーなチームAの演目なんじゃないかなぁ。
なんでチームKに固執するのかなぁ、HKT運営。もしくは指原支配人なのか。
脳パラ(K3rd)→青ガ(K2nd)→ベル(K4th)と。
 
1ヲタとしては真白の生誕Tシャツに真白うちわで参戦してたので、全力真白コールは何とかやりきったかな。
ある程度、コールの先導役は果たせたのではないかと思う。
けど、それでも女神のコールの厚さに比べると…
コールの大小がイコール公演の出来ではないけれどね。
 
MCは前回のお馴染みさん公演と同じスタイルで進行。
自己紹介MCとユニットあけMCは入場前に取ったアンケートを題材としたもの。
前回のユニットあけMCは事前に選別したアンケートで、”なんとなくしなもん”のオチまで持っていくという構成だったけど、
今回のユニットあけMCは、その場でアンケートを読んで話を進めるという構成。ハードル高いよぉ。
ゆえに、ボス、奈子、わかちゃんがステージ上でただアンケートを読むというシュールな画がwww
この3人だったからなんとか乗りきれたものの、事前に選別しておけばもう少し盛り上がっただろうにとは思った。
 
後半のMCは和気あいあいとABCクイズ~。ちょいと長かったけど、難問あり引っ掛けアリで楽しかった♪
アンコールあけMCでは、HKTの歴史第2弾!オチが予想外にちぃずのおっぱいマッサージでネタで、大いに盛り上がる客席、よりもメンバーの方がw
 
最後にお馴染みさんバンダナ抽選会。さすがに2連続ではゲットできず!当たり前じゃ!
 
その後最後の曲紹介で、穴井きゃっぽが『皆さんに応援していきたい?』と、どっちが応援するかわかんない日本語になってしまい、テンパッてグダグダ。
メンバーは大受け。なこちゃん大爆笑。上手の方だったのでよく見えなかったけど、DMMで見返すとなこちゃんが変なポーズでも爆笑取ってて、更に締まらない事になってた模様。
 
最後まで楽しく公演は終了。でもクイズMCは長いは、企画盛りだくさんだわで、終演が9時5分前。
なこみくはもちろん、高校生でも15歳以下メンバーはお見送りに出られず。真白もだって、まじか(笑)残念。
真白うちわ持ってお見送してたら、由莉耶から『ましろちゃんいないよ~♪』って声をかけてもらった。
いい娘や、ゆりやさま。