MAKO☆PACK+(SINCE1978)♪ずっとしなもんに夢中♪

『しなもん』ことHKT48の下野由貴ちゃん激推しブログ(のはず)。劇場公演のレポートを中心に綴っています♪

ペンギンが走り!下野さん夏バテ? 2016/07/31(夜) HKT48夏のホールツアー2016@広島文化学園HBGホール

ホールツアー落選は続くよどこまでも。
ツアー日程中唯一の休日開催の広島、倍率高いんじゃないかと思いきやビシバシと当選報告が飛び交う中、昼夜ともあえなく落選。
なんとか今回も、ヲタ友の同伴枠で夜公演に入れることになったけど。なんなんチケセン!
持つべきものはヲタ友だということか。
 
ツアー当日の広島はドピーカン。平和公園を真夏の日差しにクラクラしつつ散策し、紙屋町へ移動。
昼公演に入ってた幸運な方々wと合流し、うまいお好み焼きで腹ごしらえして、参戦。
席は14列目やや下手より。
メンバーの顔がしっかり認識できるし、ゴンドラが来るであろう通路からも2列目で、過去のコンサートのたぐいでは最高と言っていい良い席。
14列目で過去最高とか、これまでの干され具合が身にしみるわぁ…
それも自垢ではないというところが情けない。
 
山口に続き、影アナはまたもやはるっぴ。噛まないように一語一句確認するようにこっちがハラハラするほど慎重にこなして無事終了。
オープニング、指原支配人が喋り出してもざわついている客席を「ピンチケは静かに!」と一喝し、一同しーーーーーんとなってからの開演。
昼公演が離脱派セットリスト、かつ指原支配人がいじってきたという残留派のセットリストを前日の名古屋でも当日の広島でもレッスンしてたというのだから、夜は残留派の圧勝かなと思いながら、サイマジョから。
 
やはり下野さんが登場する曲では、下野さんメインに追っかけて、全体は見渡せていないのは山口と同じ。
高めのポニテで可愛さ3割増し。ほぼロストすること無く下野さん推しカメラ状態。
でも、下野さんがいないパートでは、個々のメンバーをちゃんと見ることが出来た。
山口でもやもやが残ったのは、下野さんがいない時に、全体をぼんやりとしか見れなかったからではないかな。
特に4期生のコーナーで。
 
今回のツアーでは、ユニット前に4期生全員並べてのMCがあるし、後半は4期生5人をフューチャーしたMCコーナもある。
対して、正規メンバーのMCは無いと言ってもいい。
残留派vs離脱派ディベート部分は、テーマが決まっている分、MCというよりゆるい寸劇的なコーナーっぽいし。
そして、山口も広島もモニターが無かったのが大きい。
顔も名前もまだはっきりしない4期生を遠目で見てても、ポカーンだよね。
モニターで大写しになって名前出してくれれば(福岡公演ではそうだったみたい)まだしも。
うちわ配るんなら、4期生のプロフィールのチラシの1枚でも用意して一緒に配ってくれれば、それと見比べながら聞けて分かりやすかったのに。
 
ここ広島では、なんとか顔がわかる距離なので、ちゃんとMCに入り込めた。
まず覚えたのは、最初っから気になってた、そして公演でも表情豊かで魅力的だった『もかちゃん』こと『武田智加』ちゃん。
現時点では4期生で唯一識別可能メンに。
しかし、ニックネームは”ともか→ともちゃん”が普通じゃね!と思うんだけど。
AKBグループには他に何人も”もかちゃん”いるし。
後はコールをさんざんいじられてた、『O・D・A!オダ』こと『小田彩加』ちゃんかな。
ただし、ODAちゃんは名前覚えただけで、顔の識別はまだできないけどw
 
4期生紹介MCコーナーでは進行役のなおちゃんは登場するも、相方の冨吉とみーがいないというアクシデント発生。
とみー、出番を忘れて着替えてた模様。
なおちゃんに呼ばれてあわてて出てきたのはいいけど、動揺を隠せず進行グダグダw
こういうアクシデントはコンサートや公演ではつきものだし、逆に美味しいと思って後半自らネタにするぐらいのことでいいと思うんだけど。
後半も失敗をそのまま引きずっちゃてたっぽいな。とみー、気が小さい。
逆になおちゃんが同じ立場なら、絶対に「やっちゃった、テへ♪」的においしい自虐ネタにしてたと思うけどなぁ。
 
とみーで気になったのは、それだけではない。ついでというか、この際バッサリ行こう。
総選挙ランクインメンバーはこのコンサートではユニットがあったり、全体曲で平場のいいポジションをもらったりと、優遇されている。
とみーのユニットは『Confession』。かっこいいバリバリのパフォーマンス曲。
おいおい。と山口の時も思った。
今回はほぼ正面でとみー見てたんだけど、キックのとこなんか全く足上がってなかったり、全体的に迫力不足のフニャって感じで、う~ん、という出来。
これ、とみーのことを思えば、ミスキャストではないかな。
りこぴかじーなと入れ替わりで、ブルーベリーパイで良かったんじゃ、という気も。
確かに総選挙の順位は上なので、大勢のユニットではなく4人ユニットで格上なんだろうけど。
MCの件といい、とみーにとっては残念なステージになってしまった。
地元宮崎で挽回できたのだろうか。
 
さて、お待ちかねの(?)ディベートタイム。
残留派じゃないとAKBの運動会に出られないよ」と言われ、離脱派から残留派へ寝返り、ステージをダッシュで横断したつっつん。
「HKTだけで運動会やればいいじゃん」と言われ、あっさり撤回し、ステージを再度走り抜ける。
指原支配人からも「運動会に出たいだけじゃんw」とからんでもらって、大活躍。
 
ディベートでは予想通り支配人の強い誘導があって、残留派セットリスト。
『LOVE修行』
この曲は、劇場での忍者走りが最高だったよなぁ、と懐古モードにはまりかけたが、
ノリの良いAKBグループの曲が続いて、テンションが上がる。
でもなんかステージ上の人数が少なくないかな?、とか思っていた。
そしたら、大好きなイントロが流れてきた!
ペンギンだ!
『走れペンギン!』
旧チーム4だ!
ぱるるだ!
TⅡメンが、懐かしのペンギン衣装で登場。
いや~、ぱるる推しの私には、たまらない選曲と衣装でしたわ。
 
ステージも後半へ。
高めのポニテで今日もかわいい下野さん、センターの階段セット中央ではるたんと踊る場面がしばしばあったんだけど、明らかに踊りが小さい。
隣がはるたんなもんだから、あからさまにわかる。
昼公演の様子を聞くと、なかなかに良いパフォーマンスで、下野さんらしさ全開だったということなので、真夏の2公演終盤、スタミナ切れでバテてたのではないかと。
ちょいと前から夏風邪を引いて熱もあったようだったので、体力的にきつかったかな。
と、甘やかすのが下野さんヲタの悪いところかも。
ステージ上で倒れてもいい覚悟で鉄人はるたんに負けないよう最後までやりきって欲しかった、というのが正直なところ。
 
サインボールにはかすりもしなかったけれど、はるっぴや指原支配人がゴンドラで目の前に来てくれたし、ペンギンが見れたし、満足かな。
夜の高速を気持ちよく走って帰福。
 
その後、大分の夜公演も当たらず、結局ホールツアーは自垢全落という結果に。
ちなみに大分昼公演に関しては、夜公演のモバ当落発表の後に、いかにも落選者のためにとか言いながら発表するという、演るって決まってたくせに、出し惜しみの後出しジャンケンでおためごかしなやり方にカチンときて、応募しなかった。
ささやかな無駄な抵抗。
 
他にも8/29に開催予定のスマホゲームのアイア公演の抽選にも見事にはずれて、この8月に楽しみにしていたヲタ活イベントにはことごとく振られる始末。
8/15はNMB48劇場でチームBⅡのイチ推し、いそちゃんの生誕祭がとり行われることになっているので、そちらに応募することも検討したが、お盆の遠征は色々と移動が厳しそうなので断念。
8月後半の劇場公演に期待。