MAKO☆PACK+(SINCE1978)♪今はしなもんに夢中♪

『しなもん』ことHKT48の下野由貴ちゃん激推しブログ(のはず)。劇場公演のレポートを中心に綴っています♪

怒涛の9月、秋の関東遠征 2016/09/15~9/20@花の都「東京」

福岡のアイドルグループであるHKT48だけど、劇場公演は地元でやるけれど、握手会などのイベントは圧倒的に関東中心に行われる。
普段は福岡開催のイベントで我慢しているけれど、年に何回か関東遠征して、普段関東イベントに参加できない鬱憤を晴らすようにしている。
今年は2月にAKBの個別握手会にフォトセッションを目当てに幕張に遠征した。
目論見では8/29のアイアスペシャルライブにも遠征するはずだったのが、まさかの落選で遠征できず。
9月に行きたい関東イベントは軒並み平日開催というスケジュールをながめながら、今年はもう遠征は無しかなと諦めかけていたところ、降ってわいたように東京出張の話が舞い込んできた。まいこむよびこむ.com。
それも9/15-16という3連休前の木金で。
 
9/15といえば『AKB48グループ同時開催コンサートin横浜 ~来年こそランクインするぞ決起集会~』が神奈川県民ホールで開催される日。
メンバー200人弱がホールのステージに立つということは、下野さんや他の推しもそんなに活躍できそうにないしな、そもそもキャパ2500の箱じゃ当たるわけないよな、私のアカじゃ。
と遠征してまで見ようとは思っていなかったんだけど、当日に東京にいるとなれば話は別。
出張が決まったのが先行申込開始日というのも何か因縁めいたものを感じて、とりあえず投げてみるかと申し込んだ。
結果、まさかのSKE Mobile枠で当選。
そういうことならば、行かせていただきましょう、圏外メンコンサート。
下野さんも自分推しのうちわが会場にあれば何かと嬉しいでしょうし。
 
となると俄然行きたくなるのが、HKTメンバーの5人が、もちろん下野さんも出演する9/20(火)のリーディングシアター「恋工場」。
アイアライブもそうだけど、この公演の出演を下野さんが熱望していたので、ラビリンス頑張ったんだもんな。
でも発表されたスケジュールは2日休まないと遠征できない平日夜公演。
それもなにかと忙しい週明けということもあって、出張が決まるまでは半ば行くのを諦めていたのだが。
 
16日の夜までは出張で宿泊。
そのまま3連休は東京に居残って20日に東京仕事を作ればなんとかなるかも!
そうとなったら、まずは当てとかないとと速攻「恋工場」申込み。
並行して社内で色々と画策。
20日はセミナー受講と東京での打合せのセッティングに成功。
しれーっと20日夜も宿泊で21日朝一の便で戻るスケジュールを確定させた。
「恋工場」は倍率低そうだったので大丈夫と踏んでたとおり、AKB Mobile枠で当選。
 
せっかく3連休居残るのなら他のイベントもいきたいなとプランニングを。
17日(土)はお気に入りの東京の地下アイドルの定期公演が秋葉原で開催されるので、予約して確定。
18日(日)はNGTの『PARTYが始まるよ』公演、19日(月祝)は本店の『僕の太陽』公演を申込み。
なんと、19日の夜公演の遠方枠に見事引っかかってしまった。
残念ながら18日の新潟のPARTYには招待されず、一般まで落選。
連休中唯一の公演で、かつ「まほほん生誕」では無理もないか。
となると18日の次点は「恋工場」の初日。みぃちゃん出演。行きたい!
新潟の一般枠結果発表をまっていたので、事前申込には間に合わず。
しかし、あの売れ行きでは当日券が出るに違いないと待っていたところ、案の定当日券発売の案内が!
 
という感じで、9月の関東遠征のスケジュールはこんな感じに。
 
15日(木) 圏外メンコンサート@神奈川県民ホール
17日(土) UPローチ定期公演Vol.1@moefarre -AKIHABARA-
18日(日) リーディングシアター「恋工場」@ベルサール渋谷ガーデン(当日券狙い)
19日(月祝) AKB48「僕の太陽」夜公演@AKB48劇場(遠方枠)
20日(火) リーディングシアター「恋工場」@ベルサール渋谷ガーデン

未確定だった18日も、何人申し込んでたかはわからないものの、たった12枚しか出なかった当日券に見事当選。
20日は台風接近で若干交通機関とか心配だったけど、何事もなく。
新潟にいけなかったことが心残りではあるけれど、ほぼ100点の関東遠征スケジュールだった。

そして、福岡に帰ってきてからはまたしてもまさかの生誕当選ラッシュ!
怖いくらい当選が来ちゃって。

24日(土) 最終ベルが鳴る公演-冨吉明日香生誕祭
25日(日) シアターの女神公演-上野遥生誕祭
28日(水) シアターの女神公演-若田部遥生誕祭

というわけで、各イベントや公演に関してはおいおいブログに書くとして。
ただ、書きたい順番でアップする予定なので、時系列をはっきりさせとこうかなと思い、まずこのエントリーを上げてみた。

下野さん、そして下野さん推しのヲタにとっても、怒涛の9月だった。
何年後かに隠居して振り返っても、充実した一ヶ月だったなと思い出せるに違いない、濃厚な9月だった。