MAKO☆PACK+(SINCE1978)♪ずっとしなもんに夢中♪

『しなもん』ことHKT48の下野由貴ちゃん激推しブログ(のはず)。劇場公演のレポートを中心に綴っています♪

釣り堀にて… 2016/09/25 シアターの女神公演 上野遥生誕祭@HKT48劇場

9/24のマンモス公演が本命だったこともあり、9/25(日)に先に引っかかると嫌だとモバ枠応募は見送り。
無事とみ~生誕の当選が来たので、ダメ元ではるたん推し設定の柱枠の一般だけ投げたのが、まお生誕とはるたん生誕。
キャン待ち希望もつけなかったし全く期待してなかったけれど、ダメ元でもダメじゃないこともあるもので、はるたん生誕の当選ゲット。
土日連チャンで公演入れるとか、それだけで嬉し涙ですよ。
ただしその後、この日の当選を”しまった!”と後悔することになるとは露知らず…
 
チームHの公演に入るのは、6/15のゆりや生誕以来3ヶ月ぶり。超久しぶり。女神だぁ!
 
ということで、この日も休日なのでゆったり劇場に臨場。
フラスタが不思議な形だなぁ、と思ったら、『Chain of love』披露のときつけていた王冠がモチーフになっていた模様。
はるたん生誕グッヅを受け取ると、その王冠を模した被り物もあるしw
 
なんだかんだでビンゴ開始。
そろそろ呼ばれたいと思いだす8巡で入場できた。
今日は立ち見はいいから座ってゆっくり見ようか、と客席を見渡す。
Bステ前は埋まってるからアリーナに行くかと、上手方向に向かうとセンターブロック最前に1席ポツンと空きを発見。
なんでそんなにいい席が埋まっていないの?と不思議に思いつつ、お隣さんにも空いてることを確認して着席。
9/2のただ恋でも4巡の最前だったし、座席運良すぎるかな。
 
下野さんもゆうたんもいない公演。もちろんI♡4UのTシャツと”ましろ”うちわで参戦。
前回H女神公演を見たときは、B公演の華やかさとか自由さを消化しきれてない印象があったんだけど、3ヶ月後の今回でその印象は払拭された。
チームHのメンバーって、手つなや青ガ、元研究生もPARTYから脳パラと、ダンス主導的なK公演かそれっぽい公演ばっかりやってたから、THEアイドルなB公演に合わせこむのに時間かかったのかもしれない。
ひまわり組のパジャドラ公演である程度B要素はやってたにしても。
キラキラ感や柔らかさが増してて、特に『チームH推し』では周りのメンバーが思いっきり楽しめるようになっていた。
開演、すぐに真白ちゃんが見つけてくれる。
ま、そりゃそうだ。最前でうちわまで持ってりゃね。おっちゃんの顔も覚えてるだろうし。
”ましろ!”コールの後は、親指立ててイイねのレスまでくれる良対応。
真白ちゃんは、自分推しのヲタがいると気分良くなるのがわかりやすくていいのよね。
あと、最近はMCでのブッコミ具合が突き抜けてて爽快。
 
最前で見ていると、まぁみくりんがガッツリ釣ってくること。
なので、釣られつつみくりんを観察してたんだけど、そこで感じたみくりんの釣りの極意をいくつか。
目線が常に客席を見ている。だから、遠くの客席よりも近くの客席を見てる割合が高い。
そして、お客さんと目が合えば必ず見つめ返す。別のメンバーのヲタとかは関係ないっぽい。
目があったヲタの反応を確認し、こいつは行けると序盤で何人かターゲットを決めたらば、事あるごとに『私を見なさいよ!』って、熱い視線を送って来るようになる。
そりゃ、ついつい見ちゃうよねw
ダンスやMCでの所作なども、見られてることを意識している。
ダンスなんかは、うまいとはいえないんだけど、手抜き感全くなし。
いつ見ても魅力的に見せようとするみくりんがそこにいる。
一生懸命みくりん、かわいいみくりん、大人みくりん、おふざけみくりん。
そんな見せ方が、研究生の頃はまだ手探りだったのが、今では完成度がすっかり上がってきている。
みくりん、恐るべし。
ただ、そうやって頑張ってるのをヲタに悟られてるところがまだまだ子供だな。
舞ちゃんなんかはそんな気配を消して、がっつりヲタを釘付けに出来てるんだろうな、多分。
頑張れみくりん。
大好きなみるきー、稀代の釣り師への道のりはまだまだ遠く続く。
 
ホールツアーの広島ではあまり状態が良く見えなかったゆりやだったけど、今は劇場で絶好調。
ダンスのキレは抜群だし、表情にも余裕と自信にあふれていて、つい目が向くし引き込まれてしまう。
 
引力が強いのはゆりやだけではない。
最近ぴーちゃんのハニカミ笑顔の威力が増している。
ていうか、この公演の最後の最後にすっかりやられてしまったかも。
なにげに八重歯が覗いてるところもお気に入りだし。

生誕祭の主役のはるたんは、相変わらずすごいの一言。
いつでもどこでもスキのないダンスを余裕でこなしてる感が半端ない。
生誕祭でもしっかり自分の言葉で喋ってた。
研究生の頃、全然喋れなかったはるたんはもういない。
じんわりと嬉しさが…
 
そしてこの公演のクライマックスが最後の最後に待ちうけていた。
『シアターの女神』公演といえば、オーラスの『僕たちの紙飛行機』。
毎公演16機の紙飛行機が客席に飛んでくる。
紙飛行機をゲットできる確率はおおよそ1/18。
20回公演に入れば1機ぐらいゲットできるはずの確率。
私は随分昔にゆうたんの紙飛行機をゲットして以来、全くかすりもしない。取れそうな近い距離に飛んで来ることさえ無かった。
そしてこの日、曲中におのおのが紙飛行機にどんなことを書いたか見せていく中、ぴ~ちゃんはイラスト入りの紙飛行機を披露。
それを見ていた私はビシッっとペンライトを向けて「おっ!すごいね」的な反応をした、のが効いたのか。
花道Bステまでいっぱいに広がって、いよいよ紙飛行機を飛ばすぞ!
と、メインステージのぴ~ちゃんがとことこと私の目の前にやってきてしゃがみ込むと、「ホレホレ♪」とばかりに紙飛行機を差し出してくるじゃないですか。
もちろん欲しい!
が、微妙に届かない距離でニコニコしながら見せびらかすだけのぴ~ちゃん。
立って取る訳にはいかないし、懸命に手を伸ばすも、ぴ~ちゃんはそんなおっちゃんをからかうかのように「欲しい?欲しい?」って感じで紙飛行機をフリフリw
2本のペンライトをお箸のように伸ばしてつかもうとするも、ひょいひょいともてあそばれる私w
ぴ~ちゃんのドSぶりが炸裂!
そうこうしているうちに、紙飛行機を飛ばし終えたメンバーがメインステージに戻ってくる。
りこぴがぴ~ちゃんのそばにきて、「あんた何やってんのよ(笑)」的なツッコミを。
さすがにそろそろダンスに戻らないとというギリのタイミングで「差し上げるわよ♪」と、紙飛行機を手渡ししてくれた。
よっしゃ!紙飛行機2機目ゲット!超嬉しい!!
 
公演終わったあと速攻でSNSに超自慢発言をアップしたのは言うまでもない。
DMMで確認すると、ぴ~ちゃんにもてあそばれる最後の場面が小さくうつってたw
 
紙飛行機1機でひょいひょい釣られるとか、『やっぱヲタちょれぇ~』©しのちゃん