MAKO☆PACK+(SINCE1978)♪ずっとしなもんに夢中♪

『しなもん』ことHKT48の下野由貴ちゃん激推しブログ(のはず)。劇場公演のレポートを中心に綴っています♪

ねねちゃんの超攻撃的ダンス! 2017/08/23-昼 ただいま恋愛中公演

8月後半、下野さんの公演出演800回がどの公演になるかで、下野さんのヲタたちは大騒ぎだった。
8月の夏休み突入前の時点で792回、あと8回。
8月後半のスケジュールが出る前は、9月にずれ込むかもな、とかいう状況だったのが、8月は平日昼も公演やるとなったので急にカウントダウン状態に突入。
しかし、予想が難しかった。
マンモスはデフォで出演としても、ただ恋はメンバー発表があるまで下野さんが出演するかどうかわからないし、Hの女神公演に助っ人で出演の可能性もある。
その上、8/17昼のただ恋は、当日になってゆうたんの体調不良により、急遽代打出演www
800回公演の予想は難解を極めたけれど、結局8/22夜のベル公演で確定してしまった。
何故に残念な表現になったかって?
22日は出張で公演に行けないことがわかっていたからさっ!!
実は翌日の23日のただ恋が800回だとにらんで、夏休みを取っていたのに…
結局23日は下野さん不在。予想大外れ。
悔しいので、下野さんもゆうたんもいないけど23日のただ恋に申し込んだら、昼公演に一般で当選。
魔白ちゃんいるし、葉月におびび、ねねちゃんになっぴもいるし、いろんなメンバーをゆっくり見ることにするか。
 
『夏休みの宿題を片付けるぞキャンペーン!』Vol.2
 
下野さん800回公演に関東から遠征してきて、その公演で見事にメンバーとのチェキをゲットした1/300の強運の持ち主と連番。
2日連続公演にも当選してるし、運を使い果たしてビンゴは優勝間違い無し!かと思っていたけれど、わずかにまだ運は残っていたようで、ビンゴ一桁の9巡で入場。
8/18とほぼ同じ、上手スタンド2列めに着席。
ねねちゃんの「BINGO!」堪能席♪
 
さて、先を急ごう。
魔白ちゃんいたけど、特定のメンバーを追うのではなく、目の前のメンバーを愛でながら楽しんでいたので、気になったメンバーやユニットなんかの感想を順不同で。
 
はるたんは疲れ知らず。いつ見ても元気。
小気味いいステップで、軽やかったらありゃしない。
公演出演回数では下野さんよりも少ないけれど、鉄人の称号が一番似合うのははるたんのような気がする。
下野さんは鉄人と言われるほど丈夫で頑強ではないんだけどwww
 
”前髪命”のまりりが、横分けにしている。珍しい?初めて??

f:id:shinamomonga:20170918225722j:plain

少なくとも私が横分けまりりをみるのは初めて。
凛々しい!
めっちゃお似合いなんですけど、大人成分が増したような可愛いまりり。
髪型のせいか、目につくことが多いし、わかりやすい。
握手会なんかでもコスプレが似合うまりり。
公演でもいろんな髪型にアレンジしてコスプレ感を出していければいいのにとか思った。
時にはウィッグ付けたり(公演にウィッグつけて出ていいかはわからないけど)、エクステやラメ付けたり、なんなら髪染めても…
何かチャレンジングなまりりが見てみたい!
 
葉月は若干お疲れなのかも。
「Mr. Kissmann」の見せ場、最後のキメポーズでもふらつき気味で。
TIIメンはフレッシュコンサートに向けたレッスンも佳境なようだし、仕方ないかな。
 
なっぴは生誕祭も終わってほっとしたのか、「帰郷」も表情豊かで余裕あったし、客席もよく見えている感じ。
この日の装備は”ましろうちわ”と”おびびうちわ”だったけれど、ちゃんと見つけてくれた。
独特のしっとりとした振る舞いが、ぶんぶん来るのではなくじわじわ染みてくるメンバーだな。
 
そういえば先輩にも同じようなメンバーが。
ぴーちゃん♪
『優雅』
ふんわりとした雰囲気が似てると思うんだけど、 なっぴが湿度高めだとしたら、ぴーちゃんはひんやり系。
 
「7時12分の初恋」で張り切っていたのが、白衣装センターのODAちゃん。
センターポジの効果か、この曲が好きなのか。とにかく嬉しさがこぼれ落ちて隠しきれない。
初恋感、存分に出てたよ!
 
それに比べて、隠しても隠しきれない真白ちゃんのフェロモン。
中盤曲から終盤にかけての、わかりやすいくらいの色っぽさの演出。
たまりませんね。
 
評価がいつも辛い「純愛のクレッシェンド」。
エミリーとひなた、ダンスのテイストが似てるのかユニゾン感があった。
その横におびび!
違和感というか異質。混ぜるな危険。
で、3人混ぜてみたところ、なんとか2対1で中和されてある程度まとまって…
う~ん、3人の頑張りはわかるんだけど、いい悪いじゃなくて、俺の思う純クレとは違うんだよなぁ、残念ながら。
 
「帰郷」
安定安心のみなぞうのボーカルと、なっぴの微笑みと、そしてなんだか独特なリズムを刻んでいる秋吉ちゃん。
 
そして「Faint」。

f:id:shinamomonga:20170918225806j:plain

葉月は若干抑えめ。
てぃふぁ氏とねねちゃんは対照的。
柔らかく踊るてぃふぁ氏と、ハードに走るねねちゃん。
手振りの大きさがそれぞれの特徴を表している。
ねねちゃん>>葉月>てぃふぁ氏
 
とにかくねねちゃんのダンスがすごい。
超攻撃的。
「BINGO!」が一番わかりやすいと思うんだけど、とにかくすべてのアクションが大きい。
大きいだけでなく、リズムにちゃんとのせて力強くて激しい。
前へ前へ!
ステップの一歩一歩も明らかに他のメンバーより大きくて高い。
荒削りだけど躍動感の塊。
肉食系ダンス。

f:id:shinamomonga:20170918225838j:plain

そして、笑顔が超魅力的。
特に笑った時の口元の派手さが特徴的で、惹かれてしまう。
もちろん、くるんとした瞳の輝きもあって、ねねちゃんの周りがそこだけ光を放っているような、そんな気がする。
ところが、曲が終わってMCになると、上品なルックスでおとなし目な雰囲気に一転。
ねねちゃんは、曲がかかるとかすると何かのスイッチが入って、舞台上の姿に変身する、そんなタイプな気がする。
 
握手会ではどうかというと、最初の握手は人見知り発動してたのか、あまり印象に残っていない。
でも8月の北九州では、顔を覚えてくれて人見知りスイッチが切られたのか、前のめりでガンガン来てくれるようになった。
知り合いのデザイナーさんに依頼してオリジナルで作ってもらった4期生Tシャツにダメ出しされる。
4期生全員分のイメージがイラスト化されているんだけど、ねねちゃん、自分のやつがどうしても気に入らない様子でwww
あ、でも、「宮崎と宮崎と宮崎」レーンでは、とみーとぴーちゃんのコンビに圧倒されたのか、あこがれのいもむchuメンに挟まれて猫をかぶっていたのか、超おとなしかったけど。
かなりの二面性を隠し持っているようだから、もう少し観察してみたい。
まだまだ奥が深そうなねねちゃん。