読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAKO☆PACK+(SINCE1978)♪今はしなもんに夢中♪

『しなもん』ことHKT48の下野由貴ちゃん大好きブログ。劇場公演のレポートを中心に綴っています♪

運営の思惑通りには行かない AKB48選抜総選挙考察(2)

前記事は下野さん推しとしての気持ちだったけど、次はこの分身。
 
【HKT推し】として
結果発表の間、あおいちゃん80位からフューチャーガールズあたりまでは、今年HKTヤバイんじゃないかと心配で心配で。
おかぱんもじ~なもまいちゃんも、まさかの圏外????
ランクインボーダが1万3千まで上がってたので、おかぱんあたりは速報の倍に伸ばしても届かないレベル。
最終的に速報37位の込山榛香が圏外になったことを見ても、あながち杞憂ではなかったはず。
(当事者の選対的には余裕だったのかもしれないけど、それでも選挙は水物だしね~)
 
結局、HKTからのランクインは15名。
モンスター支配人はともかく、比較的上位にメンバーを揃えてきたなとの印象。
さくらとはるっぴはHKTでの3トップは変わらなかったものの、明暗を分ける結果に。
 
しかし、はるっぴヲタさんの反発覚悟で言わせてもらえるならば、はるっぴの選抜入りは厳しいんじゃないかと思ってた。
 
さくらとはるっぴのヲタ層の分布を人口ピラミッドに例えてみるならば、
さくらは富士山型。裾野のライト層を着実に取り込み、コア層もしっかり確保した理想的な形になっていそう。
統計取ってるわけじゃないので、あくまでも私のイメージね。
対するはるっぴはつりがね型。コア層は多いんだけどそれを支えるライト層が薄い印象。
去年の21位も、コア層が頑張って頑張って伸びっきった結果な気がしてて。
そこからジャンプアップは辛いのかなと。
結果、去年から1万票の伸びは頑張ったけど、1万4千伸ばしてきた十夢ちゃんや倍増のちゅりにまくられてしまった。
 
来年のはるっぴ選抜入りの鍵は、ライト層の取り込みじゃないかな。とか偉そうに言ってみる外野陣w
 
めるみおは揃ってアンダーガールズ入り。順調かな。
はるっぴとは真逆でめるちゃんは45票差でキャップをかわしての32位。ギリアンダーガールズ入り。
それにしても、その一つ上のまいちゃんの票数は脅威。どこから湧いてきたんだろう。2万票。
去年圏外だったってことは、去年は9千票に届いてなかったはずなのでね。
しかしまいちゃん陣営としては、去年この結果が欲しかったんだと思う。
もし去年であれば、選抜復帰はもちろん、今頃選抜聖域に近いポジションまで行けてた可能性もあった。
とはいえ、選抜落ちの挫折があったからこその票数なのかもしれない。
とにかく素晴らしい結果だし、今年のシンデレラ・ガールの一人。
アンダーガールズははるっぴセンターでめるみおまいの2期生が脇を固めるいい感じ。
 
きゃっぽはネクストガールズのセンター。今までセンター張ったことが無いから、逆に美味しいよね。
キャップは速報圏外で、順位云々より入れるかどうかずっと不安だっただろうし。
めるちゃんとの順位がこうなったのは、二人のメンタルにとって良かったんじゃないかな。
で、それ以下がなかなかの混雑具合。
37位、りこぴ隊はすごいね。
41位、らぶテンはホント安定。
42位、おかぱん。まいちゃんよりびっくり。コアなヲタさんは多いけど、選挙には強く無さそうなイメージだったんだけど。
釣った魚は絶対離さない系の魅力と引っぱりかたは、HKTの中でずば抜けてうまいのかもしれない。大穴だった。
43位、まどか様。去年はピンの全国ネット番組あり、地元長崎の仕事もあり、でのここはいかんやろう。大反省会。
46位、じ~なは見つかったね。その見つかり方でいいのか?という疑問はともかく。
 
51位、なつ。まどか様とくらべて露出が少なかった分、ヲタさんの熱量が上がった印象。ただ、ヲタさんだけで上げていくのは辛い位置にいるか。
72位、なおちゃん。去年は速報ランクインで最終圏外。今年は最終ランクインを目指して見事リベンジ成功。下野さんがたどるべき道筋はここ。
80位、あおいちゃん。順位はともかく、ランクイン出来てよかった。生誕祭がお通夜とか、つらすぎる。
 
ここからは、すべて私の想像のお話。
 
HKT運営(指原支配人は除く)としては、諸手を上げては喜べない結果だろうな。
まず、なこみく。あわよくば両方、最低でもどちらかはランクイン出来る腹づもりだったはず。
しかしふたりとも圏外で、次のHKTシングル選抜の人選が難しくなった。
万が一ランクイン出来なくても、その時は枠は空くだろうとの読みだったのかもしれない。
しかし、ランカー15人で空きが1人と言うのは、なこみく入れればランカーを誰かはずさないといけないというのは明白。
去年りこぴ~ちゃんを外した時に、さすがにまずいと思ったか、ブルーベリーパイなる無理矢理のユニット作ったり、ツアーで優遇するなど、ガス抜き策を講じた。
今年も同じことを繰り返すのだろうか。
 
次の選抜はどうするのか。あおいを外す?なおちゃん外す?ブ~イングがここまで聞こえてきそう。
あくまでも選抜総選挙はAKBの次のシングルの選抜を決めるだけのイベントだって言い張っても、いまさらそんなレベルじゃないからね、総選挙の影響力。
去年1年の活動の通信簿って、誰かが言ってたとおり。
成績いい人に良いポジションを与えて欲しい、というまっとうな民意をはねのけるだけの、運営の強いコンセプトを持った選抜は選べるのだろうか?
 
あとは、ドラフト生まおちゃんは初ランクイン争いで遅れを取り、キレイ枠で推してみた(と思われる)さえちゃんもランク外。
さえちゃんに関しては去年のじ~な的な状況にありそうだから、もう1年推してもらえるかもしれないけれど、どうだろう。
てか、HKTの運営ってロリ路線メンバーを取り揃える割には、キレイ系メンバーを選抜に入れたがるよね。
 
HKT推しとしての、今回の総選挙の結論。
 
『昔も今も、運営に歯向かえるのが総選挙。』
 
次の選抜が楽しみーー(棒)