読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAKO☆PACK+(SINCE1978)♪今はしなもんに夢中♪

『しなもん』ことHKT48の下野由貴ちゃん大好きブログ。劇場公演のレポートを中心に綴っています♪

しのっちにロックオンされたかも 2016/02/02 シアターの女神公演@HKT48劇場(その2)

とりあえず、下野さんがでべそで回る姿をみられた喜びは書きなぐったので、落ち着いて公演のことを。
 
まず、2/2に至るまでの話を。
1/31の女神日曜昼公演が一般キャン待ち3桁。
全く望み薄だったものの、とりあえず並んでみたが、予想通り入れず。
そのまま、ホークスタウンの映画館でドキュメンタリー映画鑑賞、まではまぁいい。
心配というか懸念だったのは、入れなかった女神公演で下野さんが回って、またスレ違いに終わってしまうんではないかということ。
日曜日は研究生6人いるから、複数ユニット確実で、回る確率は高そうだったから。
結果的に下野さんは嵐とロッカールームだったわけで、ほっと胸をなでおろした次第。
 
となると日曜日とほぼおなじメンツ(舞ちゃんインで研究生-1人の5人)ならば、2/2には回る確率がぐっと上がると、否が応でも期待が盛り上がる。
 
そんなわけで、念願叶い超絶湧いた女神公演。
客席後方から、下野さんメインでゆうたんもおさえながらも観戦してても、目につくメンバーはいるもの。
この日、一番気になったのがしのちゃん!
 
髪型をショートにしたせいもあるのかもしれないけど、輝度が2段階ぐらい上がった感じがする。
明る~いナショナ~ル♪(ふるっ!)
MCでのトンガリ具合や噛みつきっぷりはすっかりキャラとして定着して、周りも結構しのちゃんにふってくれるようになった。
あからさまに”どう?”とか聞くのではなく、しのちゃんが突っ込んでくれる前提で流れをつくったりしてる気配もある。
しのちゃんも見事なぶっこみで期待に応えられるようになってるし。
 
そして何より、ダンスが魅力的になったと思う。
いつぞや、こんなに楽しそうにサイドステップを踏むしのちゃんは見たこと無い!、って書いたことがあったけど、公演の楽しさがお客さんに伝わるような、表に出てくるダンスになってきたんじゃないかな。
ポジション移動の時もリズムに乗って「ふんふんふん♪」てな感じだし、何なら軽くジャンプしながら跳ねてる時もあったりして。
気になりだしたから気がついたのか、最近になって開眼したのか定かではないが、しのちゃんに軽くロックオンされているのは確か。
 
ユニット『嵐の夜には』でも、最初の頃に比べると随分と艶がでてきた。
まいこむの嵐は前々から後ろ姿が色っぽくてヤバイと言ってたけど、そのまいこむと負けないくらいの雰囲気をしのちゃんも出せるようになってた。
嵐で言えば、おかぱんは相変わらずおかぱん感全開のうっとりぐあいだったし、しげちゃんの足回しもすぱぁーんと綺麗に決まって「ほぉ」って声出そうになったしで、結構引き込まれる出来ばえだった。
 
そのユニット。
まず『初恋よこんにちは』で、全力で”しなもん””ゆうたん”、余力は”あすか”コールに。
つぎの『嵐の夜には』で、通常の”しのちゃん””まいこむ”コール。
そのうえ『キャンディー』でも、決死の全力”しなもん””ゆうたん”、ちょっぴり”みなちゃん”コール。
まだくるか『ロッカールームボーイ』では、ふりしぼって”まいこむ”コール。
息絶え絶えに『夜風の仕業』の舞ちゃんに見とれて、力尽きる、と。
 
MCもこの日はみんな絶好調。
自己紹介MCでは、ゆうたんやしのちゃんがいいアクセントになるし、とみ~は相変わらずのボケ具合。
研究生だけ残る3列目(最近やっとお目付け役の先輩無しで3列目を任せてもらえるようになったっぽい)も、何とか無難にこなし。
ユニット明けMCは、しげちゃんのちより愛の半端無さに軽くヒキつつ生暖かくあしらいながらも、きちんと笑いにつなげて。
前後半のMCを挟んで、極めつけは、アンコール明けのMC。
しげちゃんの発言が、今のチームのMCの違いを端的に表現してた。
「旧チームHの頃は、強いタイプが多くて、しっかりしなさいってよく怒られてた。」
「でも、KIVでは放し飼いにしてくれて、ストレスなく楽しめる♪」
全くそのとおりだ、しげ、わかってるじゃん。
みなぞうも昔は当たりの強いメンバーにカテゴライズされてたはずなんだけど、KIVに来てMCのまわしとかだいぶ丸くなったしね。
ヲタ(私)が感じてることと同じなんだなと。
 
最後のあいさつのあと、客席に手をふっている下野さんを目で追っていたら、上手から何故かドダダダッ!とダッシュ。
下手にいたゆうたんをガッチリホールドして、そのまま挨拶回りするという謎のプレイも目撃。
仲良し♪
 
お見送りでは、しのちゃんに声をかけると、「あぁ!」って手を振り返してくれた。
最近、ちょこちょこと握手にも行ってるし、ロックオン♪
 
新演目の「ただいま恋愛中」に興味を奪われ気味だったけれど、女神のユニットって楽しいなぁ、完成度も満足度も高いなと、再確認した公演だった。