MAKO☆PACK+(SINCE1978)♪ずっとしなもんに夢中♪

『しなもん』ことHKT48の下野由貴ちゃん激推しブログ(のはず)。劇場公演のレポートを中心に綴っています♪

さえちゃんとささえ隊の祝賀会 2018.06.20 手をつなぎながら公演-栗原紗英生誕祭

6/19の奈子誕と6/20のさえ誕は、スケジュールの発表が遅れた関係で、県内枠は同日申し込みになってしまった。
両公演にそれぞれの推し設定のアカウントで申し込んでおいたら、厳しいと思っていた奈子誕に引っかかって、さえ誕は落選。
なので、さえ誕はまずモバイル&映像倉庫枠で申し込み。
推しメンどころかチェックメンも推しチームもかすらないアカでは当たるわけなかろうと思っていたら、映像倉庫枠のキャン待ち着弾。
それもキャン待ち番号一桁。
おややや、なんということでしょうか。推し設定柱枠一般アカで引っかかれば上等だとの狙いだったのに、なんてラッキー♪
 
キャン待ち繰り上げがなかなか伸びず、若干ハラハラしたものの、前日に無事繰り上がり当選。
2日連続で地下への階段を降りてスカラへ。
 
BINGOでは流石に2日連続の良席とはならず、干されに干されて銅メダル。優勝目前の28巡。
後方ブロック通路から4列目(後ろから2列目)に着席。
スカラでは通路より後方ブロックに座ったのはこれが初めて。
後方ブロックは5列あって、通路から2列め、4列目に段差がある。
ゆえに、後方ではあっても、なんなら前方ブロックの後方席よりもステージは見やすいかもしれない。
距離的にも、まぁ許容範囲かな。言われるほど悪くないかも。(あくまでも段差あり席だからだと思う)
イメージ的には、50インチの4KテレビでDMM定点映像を見てる感じ。
解像度が高いので、優秀な人間の画像処理で部分拡大表示も可能な範囲。
 
出演メンバー:(T-Ⅱフルメン)
荒巻美咲 ・今村麻莉愛 ・小田彩加 ・栗原紗英 ・堺萌香 ・坂本愛玲菜 ・清水梨央 ・武田智加 ・月足天音 ・外薗葉月松岡はな ・松本日向 ・宮崎想乃 ・村川緋杏 ・山内祐奈山下エミリー
 
遠くて見えないだろうなと思いつつ、久しぶりにT-ⅡTシャツに『葉月組』うちわで応援。
ほぼほぼ全員が全ユニットを経験してるT-Ⅱメン。
さえちゃんがユニット何にしてくるか、本命は雨ピ、対抗バーコード、大穴ウィンブルドンか。
 
まずドラ2の3人で「Glory days」。
いつ見ても、遠目からでもはなちゃんのキレ具合が気持ちい。高炭酸の清涼飲料水的な爽快感。
スーパーボールのような弾け方のまーさんに、まだまだ癖のあるおびび。
楽しいGD。
 
この胸のバーコード」をエミリー、葉月、みるんさんの3期生で。
みるんさんが神々しい。
”ぼーっ”と光を放っている気がする(多分髪型とおでこのせい)
そしてエミリーは通常運転なんだけど、葉月が若干不調?
ユニットだけでなく、全体を通して、いまいち重そうだし、リズムにも乗れてなかった。
総選挙後のメンタルが影響してるのか、見てるこっちにフィルターが掛かってそう見えてしまうのか。
多分両方。
この公演の2日後、22日には突然倒れて点滴打ったとのモバメが来てたこともあり、すでに体調が良くなかったのかも。
 
ウィンブルドンへ連れて行って」は、もか、おいも、あまね。
もかちゃんからぶりぶり光線が溢れ出してた。
内股気味というのはぶりぶりの基本だけど、もかちゃんの場合、手の動きも内股。
手だから股じゃないけど。それならなんだ、内肘?
呼び方はともかく、手のフリがいちいち直線的ではなく、内側経由で伸びていく感じ、わかるかなぁ。
内から外へ。まるでお遊戯会でお花を咲かせる時のような可愛さ。
多分無意識なんだろうと思う。すごい。
対するおいもちゃんは、意識ありありバリバリのぶりっ子。
身長と見た目を最大限に活かすテクニック。
DMMカメラでの映り方まで計算された技巧派ぶりぶり。
これも立派。
そしてあまねは、ぶりぶりに踊ろうとするものの、もじもじ恥じらいが見え隠れして、二人のぶりぶり具合にタジタジという。
それもまた一周回ってかわいいな、的な。
オノマトペ多いな!
 
結果、さえちゃんが生誕祭に選んだユニットは、ひなた、そのという4期のビジュアルメンを脇に従えた「雨のピアニスト」。

f:id:shinamomonga:20180627212540j:plain

 

さえちゃんの雨ピはいつにもまして憑依度高め。
動きが大きく激しい。貫禄十分。
特に終盤のフリーダンスでは、髪を振り乱しての大熱演。
さすがに4期ふたりは、迫力負けしてたけど、まぁしょうがないよね。
だってさえちゃんの日だったんだもの。
 
さえちゃん、念願のランクインを引っさげての22歳の生誕祭。
3期生で、5回目の総選挙で、初ランクイン。
7回目でやっとランクイン出来た下野さんよりは早いけれど、年齢は下野さんの2歳上。
なんだかんだ、さえちゃんも今回の総選挙には下野さんと同じく背水の陣、崖っぷち状態でのぞんでいたことは想像に難くない。
3期生の中では総選挙に対して一番危機感があったはず。
ランクインおめでとう、心から。これはすべてのランカーへも贈る言葉
ランクイン出来たからと言って、HKTでの活動が劇的に変わることは、多分それほどない。
もちろんプラス材料なことは確かで、悪くなることは考えられないけれど。
でも、気持ちの問題、自信、モチベーションは全く違うはず。
この日の生誕祭、もしランクイン出来ていなかったら、最悪卒業発表という流れもあり得たからね。
 
それを思えば、客席のささえ隊のはじけっぷりも想像できようというもの。
声は大きいし、はしゃぐし、明るいし。
何なら、さえちゃん本人より嬉しさがにじみ出てるかも。
ランクインは、応援するヲタのモチベーションも目に見えて上がるという好影響も。
ま、下野さんヲタは、モチベが上がるというより、ホッとしたという安堵感のほうが大きかったわけですが。
それはさておき。
 
このいい流れで、ビジュアルメン、そして大迫力のパフォーマンスメンとして、”chou”のメンバー、まどかやなつ、今日の雨ピメン、えみりーとの絡みを増やしてもらいたい。
まおがいなくなった『まおさえみりー』は、もう解散かな?
あとは、F24メンバーからは卒業して、ぜひ「誘惑のガーター」公演メンバー入りして欲しい。
というかするべき。
ガーター公演を幻にしないためにも、ぜひ!
 
「早送りカレンダー」はT-Ⅱのなこみくこと、もか&りお。
元気いっぱい夢いっぱい。曲にもピッタリなドピーカンなコンビ。
さえちゃんは、みるんさんの長いポニテをくるくる回すなどお戯れで終始ごきげん。

f:id:shinamomonga:20180627212753j:plain

 
手つなは3月に見た以来3ヶ月ぶりのお久しぶり。
総選挙、韓国プロジェクト、久しぶりのスカラ、などなどあり、各人のモチベーションやコンディションの差がそのまま出ちゃった感じで、若干まとまりに欠ける印象。
その差というのも、元気無いな、っていうより、無理してるかな?と言う感じを抱かせてしまうところ。
実際には全然そんなこと無いのに、と当人は思ってても、相対的になんとなくね。
先入観だと言われても、やはり総選挙前後は、ヲタの気持ちも不安定なわけで、そう見えちゃってしまうのは仕方ないんだよなぁ…
 
お見送りでは、みんなにこやかに。
えれたんはしっかりとT-ⅡTシャツに反応してくれる。
やっぱええ娘や♪
私の中のビジュアル評価も、好感度も”ぐんぐん”上昇中。
最後もオノマトペかぁ~いwww