MAKO☆PACK+(SINCE1978)♪ずっとしなもんに夢中♪

『しなもん』ことHKT48の下野由貴ちゃん激推しブログ(のはず)。劇場公演のレポートを中心に綴っています♪

2014/12/23 パジャマドライブ夜公演@HKT48劇場

今年最後のパジャマドライブ公演。実は今年中にパジャマドライブ公演は終っちゃうんじゃないかと心配していたんだけど、無事年をこせたようで一安心。
この日の公演の最大の目玉は、ゆうたんの新ポジ、天使のしっぽ。12/19に初披露して、今日のメンバーの組み合わせでもそのポジションが濃厚だった。
昼公演で予想通り天使のしっぽだったのを確認して劇場へ。
 
抽選は11巡でセンターブロックの上手側遠方席の後ろに。完全にゆうたんしっぽのデベソ狙いw。
 
夜公演も、ゆりや姐さん、ゆかちゃん、ゆうたんのしっぽ♪
踊りにクセのあるゆうたんだけど、しっぽは丁寧に踊ってるのがよく分かる。しっぽフリフリ具合はゆりや姐さんがダントツだけど、わきで十分な存在感。
特にでべそからおしりふりふり帰って行くところのむふふなことったら♪(われながら気持ち悪い…)
ゆかちゃんは、衣装がひとまわり大き目で可哀想。ゆりや姐さん、ゆうたんは腰高ミニでフィットしてるけど、ゆかちゃんぶかぶかで着せられてる感が若干あるかな。
 
衣装といえばとみよしの着こなしが目立つ。とにかくチャームポイントのスタイルの良さ、腰高さを見せたいとなかなか攻めてた。特にご機嫌斜めのマーメイドから自己紹介までに着る衣装。
スカート腰高ばきでおしりが見えそう。ふくらはぎのひらひらとあいまって『お前はドムか!』と心のなかで突っ込んでた…
 
MCではちぃ~ずいじりが炸裂。自己紹介MCでの『かわいい』コールにはなんとか耐えられるようになったのに、その後の変なポーズをいじられた途端、堰を切ったようにしどろもどろあおみどろ。
その後も、決めポーズをダンスのあちこちで真似された挙句、アンコール開けのよっしゃーHKTでは、次々みんなに真似されるはめに。いちいち過剰に反応するからますます図に乗るい~ちゃん、なおぽん、ドムとみよし、しなもん、他々。この公演で一番疲れたのは間違いなくちぃ~ずに違いない。
 
それにしても、今日のメンバーだとやっぱりKIV色が強くなるね、MCとか公演全体が。ゆかちゃんはそこんとこにはまだ馴染めてないのかおとなしめで、後半MCの司会ではらしくそつなくこなしてたけど、もっと欲しい!KIVメンにもビシバシからんでいけるといいんだけど。遠慮なのかなぁ。相棒居ないからかなぁ。
 
しげちゃんはおとなしすぎ。大丈夫か?お見送りでも今日は声が出てなくて、自分推しの人にだけ反応してたようだし。
 
パジャドラでは生き生きダンスで歩幅の広い葉月。しゃべりでも一歩前に出よう!大丈夫だから。
 
えれなはユニット明けMCで司会。一生懸命だし、4人の1期生が一生懸命盛り立てようとあせかいてたのが微笑ましくて。
そのユニット鏡の中ジャンヌ・ダルクは、さすがの1期生4人。惚れ惚れするようなジャンヌ見せてもらいました。
 
てもでもの涙は、まりりとまいちゃん。この2人だと甘々のてもでもになるんだけど、それはそれでいい感じ。
くまもんのてもでもがシリアスな大人の恋愛だとすると、まりりまいのてもでもはもっと乙女チックなおままごとのような幼いてもでも。まりりが一番大人なんだけどね。
 
ゆりや姐さんはご機嫌うるわしゅうでございました。僕の桜でリボンが無かったのは衣装トラブルかな?
お見送りでは先日魔白が位置取りした金属探知機に横で元気いっぱい手を振ってくれました。
 
客席はひところの団パのごとく常連率高め。その分温度は高めで、コールも厚くて。
特に『とみよしボリューション』が声でかくてハイテンション。冨吉に『今日が一番盛り上がったと思う』と言わしめたほど。
広島コンサートの裏公演だなんて言わせないぞ、的な客席の意気込みだったのかな。
 
満足度高めのパジャマドライブ公演でした。
何公演かすっ飛ばしてレポあげちゃった。残りは冬休みの宿題ってことでw
 
2014.12.23 しなももんが#